ココロに役立つおもしろ雑貨のセレクトショップです。

デジモバTOP > 癒される雑貨 > サグラダ・ファミリア教会

サグラダ・ファミリア聖堂



スペイン・バルセロナに高くそびえる壮大な建造物として世界の人々の心を魅了し続ける「サグラダ・ファミリア教会」は世界遺産です。 約120年前の1882年(明治15年)に建築が始まり、未だ完成することのない、歴史上類を見ない建造物です。またこのサグラダ・ファミリア教会を設計した建築家アントニオ・ガウディは世界遺産にその建造物を7つもエントリーされるという、度外れた建築家でもあります。彼が生涯をかけて取り組んだプロジェクト「サグラダ・ファミリア教会」は現在も進行中です。
サグラダ・ファミリア教会2
  サグラダ・ファミリア教会1

サグラダ・ファミリア教会ペーパーブック
建築のきっかけは、書店・出版業を営んでいたボカベリーリャの発案でした。そして、その完成が200年後(2082年)ともいわれる一大プロジェクトです。完成すると18本の塔がそびえる予定ですが、これまでに完成したのは12本。ガウディの生前に出来上がっていたのは1本だけでした。 サグラダ・ファミリア教会を紙模型として作り上げたのが、このペーパークラフト・ブック。デザイナーはロンドンに住むリチャード・ミラー氏。ガウディが残した設計図からおこしたデザインは、形、色とも緻密に再現されています。サグラダ・ファミリアの200年後の完成を待たずに、その全体像と細部とを再現しています。

※このペーパークラフトは今サグラダ・ファミリア教会に完成模型の1つとして展示されています。
▼サグラダ・ファミリア聖堂完成模型詳しくはここ >>

(※画像をクリックすると拡大します。)

●サイズ:約48cm(幅)x35cm(奥)58cm(高)
実物の1/300スケール

サグラダ・ファミリア教会

サグラダ・ファミリア聖堂

 


見てください!ペーパーの平面図自体が精緻で美しい図形です。ペーパーをカットして組み立てる作業は、実際に建築の進行を司る緊張と楽しみと似ています。設計図面が、立体物として立ち現れる現場に居合わせる驚きと楽しみしですね。しかもスペインが生んだ世界的建築の天才、アントニオ・ガウディのデザインが擬縮された不思議な建築物“サグラダ・ファミリア教会”の300分の1建築模型を自らの手で作り上げる楽しみは、本書を手にする人にしか味わえない贅沢といえます。 21世紀においても巨大な謎を問いつづける巨人アントニオ・ガウディの建築物は建築やデザイン、絵画を学んだことのない人にも、心に迫る魅力を持っています。


●サグラダ・ファミリア教会の詳細はこちらのサイトをご参照ください。

神の棲家、サグラダ・ファミリア
http://allabout.co.jp/travel/travelspain/closeup/CU20050526A/

ガウディの遺産/サグラダ・ファミリア
http://www.guell.co.jp/gaudi/familia/fami_00.html

●アントニ・ガウディに関する詳細はこちらのサイトをご参照ください。

ガウディの遺産
http://www.guell.co.jp/gaudi/
ご購入者の声 ご購入者の声のレビューを書く >>

この商品には、まだレビューがありません。